離婚の統計データ

令和2年

2020年の日本の離婚統計データについては、以下の情報があります(厚生労働省による発表データ)

1. 離婚件数:2020年における離婚件数は193,251件でした。前年比では約3.7%減少しました。

2. 離婚率:2020年の離婚率は人口1,000人に対して1,57組の離婚が発生したことを示しています。

3. 離婚の原因:一般的な離婚の原因としては、夫婦間の意見の不一致、夫婦関係の破綻、不倫、

 経済的な問題などが挙げられますが、具体的な詳細なデータは提供されていません。

これらのデータは2020年の統計情報ですが、最新のデータや詳細な情報を入手するには、

厚生労働省や統計局のウェブサイトを確認することが推奨されます。

厚生労働省の人口動態統計では「同居年数別」の離婚件数も発表されています。

同居年数を「5年刻み」で区切り、それぞれの離婚件数を明らかにしているデータです。

これによると、離婚件数がもっとも多かったのは「同居年数5年未満」で58839件、

全体に対する割合にすると30.44%となります。

次に多いのが「同居年数20年以上」で38930件、割合にすると20.17%程度です。

つまり、熟年離婚も多いと言えます。