最愛から最悪へ何故変わるのか

運命の人と決めて結婚するはずなのに、何故こんなに不倫している人が多いのか

答えは簡単、運命の人はお互いがケンカや努力して運命の人になるのです。

どんな夫婦であっても一度や二度位は離婚問題が頭をかすめるでしょう。

それを乗り越えて夫婦生活を続けて

既婚相手が亡くなった時に心から慟哭できた瞬間に、運命の人であったと認識

出来るのだろうと思います。

様々の問題を乗り越えて運命の人にお互いなるのでしょう。

様々な問題から離婚出来ずに既婚相手が亡くなるのを待つ様な夫婦関係は

運命の人ではありません。

誰にでも間違いはあります。

本気の不倫なのか、軽いノリでの不倫なのかを良く考えてから

結論を出して貰いたいと私は考えています。

勢いや他人の意見は参考程度で考えてご自分でご判断して下さい。